センター日本史で確実に8割とる勉強法!【体験談】



こんにちは、れんです。


この記事では
センター日本史で確実に8割とる勉強法について


センター日本史で90点をとった
島田さん(仮名)の体験談とともに解説します。



島田さん(仮名)の簡単なプロフィール


性別:男性

出身大学と学部:同志社大学 文学部英文学科

センター日本史の得点:90点

日本史の偏差値:63

使用した参考書一覧:
・角川まんが学習シリーズ
・教科書
・日本史B一問一答(山川)
・センター試験過去問




センター8割とるまでの過程・全体像



日本史という科目は、まずはじめに、
「時代を理解し流れをつかむこと」が重要です。


そのために、
「角川まんが学習シリーズ」という

時代の流れをおおまかに書いた
歴史のまんがを読みます。



この歴史のまんがシリーズは
全部で20巻あり、


時代ごとに細かく分類されているので、
とても分かりやすいです。



このまんがを全巻読み終えたら、

歴史のおおまかな流れを
理解できるようになります。



次に山川出版社の
日本史Bの教科書を読みます。



この教科書を読む作業は
マンガには載っていない細かい歴史の流れを
理解するために必要な作業です。



教科書をすべて読み終えたら
次に一問一答(山川)をやっていきます。


山川一問一答は

センター試験によく出題される問題が、
出題頻度ごとに分類されているため

とても分かりやすいです。



一問一答をやり終えたら
センター試験の過去問を解いていきます。



センター試験の過去問は
いちばん最近の問題はとっておいて

2つ前の過去問から取り組むようにします。



試験の形式に慣れるためにも
できるだけ多くの過去問を解きましょう。



この作業を繰り返すことで
センター8割は余裕でとれます。


9割も夢ではありません。



最短最速でセンター8割とるための勉強法



センター試験の過去問を解いていると
センター試験の問題の特徴に
気がつくことができます。



センター日本史の特徴は、

人物名や戦いの名前などを答えさせる問題は
あまり出題されず、


時代の流れをいかに理解できているか
が大半の問題で出題される点です。



なので、まず初めに、
角川まんが学習シリーズを全巻読み、


時代ごとの生活様式や
将軍が行った改革などを


ノートやマインドマップに
軽くまとめておくと知識を整理できます。



まんがを読み終えたら
教科書を読むのですが



教科書を読むときに大事なことは
改革などが起こった背景も
一緒に暗記すること。


歴史のなかでは、たくさんの改革や
戦いの名前が出てくるからです。



そのなかで、
すべての名前を暗記するためには


どのような背景で
なぜその出来事が起こってしまったか
を理解することが必要です。



そうすることにより
頭が整理され暗記しやすくなります。



そしてある程度知識がついてきたら、
一問一答でさらに知識の定着をはかります。



そして最後に
センター試験の過去問を解いていくわけですが、


いくら前の段階で知識がついていたとしても
問題に対する慣れの時間が必要なため、


過去問の一回目では
あまりいい点数をとれないことが多いです。


ですが、何回も解いているうちに
自然と8割は簡単にとれるようになります。



漫画で大雑把に流れを把握
→教科書で細かい流れの理解
→一問一答で用語の暗記
→センターの過去問で問題演習


この4段階がすべて完璧なら
センター8割どころか、9割も十分とれます。



島田さんから受験生へのメッセージ


私も受験生の時は
自分の志望している大学に合格するために
毎日必死に勉強していました。


けど、勉強を頑張っているのに、
模試の成績が一向に上がらない

なんてことがしょっちゅうありました。


しかし、そこで成績が上がらないから
と諦めては絶対にいけません。


成長曲線というものは
突然伸びるのであって


自分はこれだけ勉強しているんだから
絶対に成績は上がるはず


と思い勉強を続けていると
突然成績が上がる日が絶対に来ます。


それがたとえ最後の模試で
結果にあらわれなかったとしても大丈夫。


本当の勝負はセンター試験であって
模試ではないからです。


ですので、
いくら模試の結果が悪かったとしても

自分がやってきたことを信じて試験にのぞめば
希望は必ず見えてきます。



大変だとは思いますが
諦めずに頑張ってください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です