【音読で英語長文を得意分野に】音読の効果と効率の良いやり方


「音読って効果あるの?」

「効率的な音読のやり方は?」


今回はそんな方向けに

英語長文の音読について
徹底的に解説していきます。

僕は今回紹介する
音読法を実践したことで
長文読解力を劇的に上げることができ、


センター英語長文で満点
長文メインの同志社英語で合格点を取れました。

この記事では

  • 音読の効果
  • やってはいけない音読法
  • 効率的な音読のやり方
  • 音読に最適な参考書の特徴
  • おすすめ参考書


など、音読に役立つ情報を網羅しています。

正しい音読の方法を知って
効率的に長文読解力を上げていきましょう。

音読の効果とは?


音読の最大の効果、
それは、、、

「英語を左から右に読む意識が身につく」

これが音読の最大のメリット。

そもそも日本語と英語は
順番が逆の言語です。

英語を正確で綺麗な日本語に訳すには、
英文を後ろから戻って読み直す必要があります。


けどこれをすると、
同じ英文を2回読むことになるので
大幅に時間のロスする。


そのロスを音読によって無くそうということです。


音読をすれば、
後ろから読み返すことはできなくなるので、

英文を左から右へ考える意識が
自然と身につきます。

音読をやらなくていい人とは?

さっきも話したとおり
英語長文を音読する最大の効果は

「後ろから返り読みせず、
 英文を左から右に読めること」


逆に言えば、
もうすでに左から右に読める人は
音読の効果はあまりありません。


もし今の段階で
右から左にスラスラ読めるなら

どんどん長文を読んで
経験値を貯めていきましょう。

やってはいけない音読法2選

音読しながらきれいに和訳する

たとえば、
「I have a pen」という英文を音読するときに

いちいち「私はペンを持っている」
と訳してはいけません。

それは高速で後ろから訳してるだけ。
英語を左から右に読んではいない。


英語を読むときは
「 私は 持っている  ペンを」

くらいのザックリとした訳し方でいい。

最終的な理想型は

「英語を英語のまま読めること」


「私は 持っている ペンを」
すら頭の中に思い浮かべずに

「I have a pen」
だけ読んでイメージできるようにする。

これができれば、大学受験の英語長文で困ることはなくなります。

同じ長文を音読しない

音読するときは
同じ長文を何回も音読しましょう。


くどいかもしれませんが、
音読をする目的は

「英語を左から右に読めるようになること」


つまり、
左から右に読む意識さえ持てれば
音読する英語長文はなんでもいいんですね。


なので同じ英語長文を音読しても
何も問題はありません。


むしろ1から新しい長文を音読すると
英文の構造や知らない英単語に気を取られて
音読に集中できなくなります。


音読の効果を100%発揮するには
構造や英単語を完璧に理解した
英語長文のほうがいいんです。


だからこそ、音読するときは
同じ長文を20回、30回と読むことをおすすめします。


そして左から右に読む癖がついたら
どんどん新しい長文を読んでいく。


これが効率的な英語長文の勉強法です。

効率的な音読のやり方

文章構造を全て把握する


音読する長文の文章構造は
全て把握しましょう。


音読は詰まることなく
スラスラ読むのが理想です。


けど文章の構造が掴めてないと
音読中に詰まってしまいます。


それだと音読の効果を
最大限に受けられません。


音読は「英文を英語のまま読むトレーニング」なので、全文を和訳する必要はありません。


けどその代わり、
英文の構造はしっかり理解しましょう。


それが効率の良い音読につながります。

内容を理解しながら読む

音読をするときにやりがちなのが、
ただ声に出して英文を読むだけの
「作業」になってしまうこと。


それだと、
ただの発声練習にしかなりません。


なので音読をするときは
必ず内容を理解しながら読んでください。


理解しようとするか、しないかで
音読の効果に雲泥の差が生まれることが、科学的にもわかっています。


内容を理解しようとしながら音読することで

「内容理解に集中しながら
 英語を左から右に読んでいく力」

が身につくんです


この力を身につけることが
音読の最終的な目標。


定期的に音読の目的を確認し、
「声を出すだけの作業」
にならないようにしましょう。

同じ長文を20回、30回と音読する

さっきも少し話しましたが、

同じ長文を何回も読むのが
効率的な音読のやり方です。

1回、2回で音読を辞めて
次の英語長文に進んでしまうと

音読のために調べた
読解プロセスや文章構造が

自分の力として身につかないので
準備の時間が全て無駄になります。

音読に最適な参考書の特徴2つ

音読に最適な参考書の特徴

・詳しい英文解釈が載っていて文章構造を理解しやすい

・音声CDが充実してる

まず1つ目が、

詳しい英文解釈が載っていて
文章構造が理解しやすいこと。

音読のやり方パートでも話しましたが
音読をする前に、あらかじめ文章構造を理解する必要があります。


そのためにはできるだけ
英文解釈が詳しい参考書を使ったほうがいいです。


また、音声CDが充実してることも欠かせません。

音読は英語独特のリズムを耳で聴くことで
効率的に行うことができます。


もしCDがないと日本語のリズムのまま
英文を読むことになり、
効率の良い音読はできません。

音読におすすめの参考書2選

・ハイパートレーニングシリーズ

・レベル別問題集シリーズ

いま紹介した特徴から
僕がおすすめする参考書は上記の2つ。

これら2つは英文解釈が詳しく
音読CDも付いてるのでおすすめです。


内容もとても充実してるので
音読をしない人にも
おすすめできる参考書になります。

これら2つのシリーズは
レベル別に分けられてるので

自分のレベルに合ったものを
使ってみてください。

まとめ

まとめると、

・「英文を左から右に読めるようになること」が音読の最大の効果

・すでに左から右に読めるなら音読をする必要はあまりない

・音読の最終的な目標は、「日本語訳せず英語のまま理解すること」

・音読する前に、事前に文章構造を把握しておく

・作業にならないよう、内容をイメージしながら音読

・同じ長文を何回、何十回と音読しよう

今回は音読について
かなり深いところまで説明しました。


今回の内容を実践すれば
効率よく英語長文の力を伸ばしていけません。

音読をマスターして
長文読解を得意分野にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です