難関大学におすすめ!日本史B実況中継の効率的な使い方と勉強法!



こんにちは、れんです。



この記事では
「石川晶康 日本史B講義の実況中継」
のレベルや使い方について、


センター日本史95点
日本史の偏差値72の
井山さん(仮名)の体験談とともに解説します。



井山さん(仮名)の簡単なプロフィール


性別:男性

出身大学と学部:青山学院大学経済学部

センター日本史の得点:95点

日本史の偏差値:72




実況中継はどのレベルまで通用するのか?



実況中継は大学受験において
かなりのレベルまで使えます。



私立大学で言えばMARCH、
関関同立レベルなら全く問題ありません。



早慶レベルになると難しい問題が増えるため、
対応できない問題もありますが、


一問一答と組み合わせれば
早慶レベルまで十分対応できます。



日本史の流れに関しては
早慶においても全く問題はありません。


けど知識の面で厳しいので、

実況中継だけだと、
MARCHや関関同立まで。


一問一答なと組み合わせれば
早慶まで通用します。



実況中継と教科書はどっちを使ったほうがいいか?



狙っている大学のレベルによりますが、


難関大学を受験する人は
実況中継を使った方がいいです。



特にMARCHや関関同立以上の大学を受けるなら、
日本史の偏差値は最低でも60はほしい。



教科書で不可能とは言えないものの、

実況中継を使った方が
達成できる可能性は格段に上がります。


ただ、日東駒専や産近甲龍以下の大学を
目指している人は教科書だけで十分通用します。


しかも教科書の方が
実況中継よりも分量が少ないので、

日本史にかかる時間は短くなります。



必要な勉強を終える時間が短いなら
そっちの方が良いはず。



実況中継と教科書はどっちがいいか?
については、


志望する大学のレベルによって
変えると良いです。



効率のいい実況中継の使い方



実況中継は、

日本史の流れを抑えるために
必要な情報がほぼ網羅されています。


教科書に載っていないような
細かい知識を得ることも可能です。



この実況中継は全体として分量が多いので、
すべて読むのに時間がかかります。



テーマごとに分けられてはいますが、
1つのテーマを読み切るには
そこそこ時間がかかります。



なので、実況中継に取りかかるときは
いったん他の科目の勉強はやめて

実況中継に集中したほうがいいです。



実況中継だけに限らず
参考書は1回やっただけだと覚えれません。



なので、丁寧に1回読むよりも
少し雑でもいいから何回も読みましょう。



最初のほうは
細かい用語を覚えるよりも

「歴史の流れを理解する」
ことを意識することが重要。

用語は何周もするうちに
自然と覚えていきます。



他の科目の勉強をやめるのは
怖いかもしれません。



けど、実況中継ほどの量を
ちまちま勉強していたら、


1周する頃には
最初にやったことは忘れてしまいます。

「少し雑でもいいから
短期集中で何周もする」



これが効率的な
実況中継の使い方です。



2周目、3周目は
理解できているところはササッと読んで


理解できていないところを
重点的に読み込みましょう。



そうすることで
時間を短縮することができます。



実況中継を使ったことによる効果



実況中継は、

予備校で話している内容を
ほぼそのまま載せている感じでした。


教科書よりも流れが分かりやすく、
細かい知識なども随時載っているので、


教科書を読んでいたときよりも
日本史の力がつきました。



偏差値70、センター9割を越えたのは
実況中継の効果が大きかったです。




実況中継を使った日本史の勉強法




実況中継は日本史の流れを把握するには、
最も有効な参考書の1つです。




しかし、ただ読むだけだと、
インプットに偏ってしまいます。


知識を使いこなせるようになるには
アウトプットが必要なので、

問題を解くということをしてほしいです。


理想はインプットして
すぐにアウトプット。



これが効率よく知識を定着させる
秘訣になります。


読んだ直後(インプット)は
流れや知識が頭により多く入っている状態。


その状態で問題を解くと、
頭に入っていた流れや知識を思い出す作業をするため、
長期記憶になります。



実況中継を読んだ後には
一問一答や問題集を使って


読んだ範囲の問題を解いていきましょう。



そうすることで、

短期間で日本史の成績が
飛躍的に伸びていきます。


ここまでをまとめると、


・最初は実況中継に集中

・慣れてきたら実況中継の直後に
読んだ範囲の問題を解く

・日本史は短期集中したほうが
長期記憶になりやすい




短期集中するのは怖いです。


けど、そこを乗り越えると
飛躍的な成長が待っています。



実況中継や一問一答は
膨大な量があるので、

ちまちまやるよりも
一気にやったほうがいいです。




2週間集中して日本史に取り組むだけでも
見違えるように変わりますよ。



受験生へのメッセージ



実況中継は膨大な量がありますが、
そのぶん理解しやすい内容になっているため、


教科書を読んでいて
「分かりづらいな」と感じる人や


難関大学を目指している人には
最適な参考書です。

日本史を得点源にしたい人には
実況中継をおすすめします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です