【転スラから学ぶ】大学受験における勉強法の重要性



こんにちは、れんです。


今回は
「転生したらスライムだった件」から

移動手段の重要性と勉強法との共通点
について話していきます。




ぼくはアニメがとても好きで
家にいるときはたいていアニメを見ています。


転スラもその中の1つで、
もう何回も見直しました。



今回はアニメ第4話から
大学受験を攻略するために大事なことを
発見したので話していきます。



アニメ第4話から学ぶ、移動手段の重要性



アニメ第4話で、リムルたちは

ドワーフの国であるドワルゴンに向かうことに。



そこでリムルはゴブリンとガロウ族(テンペストウルフ)
数匹を連れてドワルゴンに行った。



本来、ゴブリンの足なら
2ヶ月近くかかるところ、


ガロウ族の風のようなスピードで
わずか3日でたどり着いた。


ゴブリンからガロウ族に移動手段が変わったことで
大幅に時間が短縮できたのである。




このことから移動手段の違いで
ゴールにたどり着く時間は変わることがわかる。



ゴブリンの足だと2ヶ月
ガロウ族の足だと3日

20倍近く変わる。



大学受験でも移動手段は重要


移動手段が重要なのは
大学受験でも一緒。



大学受験もゴールが決まっている。


あとはそこに
どれだけ速くたどり着くかの勝負。



これは勉強時間によっても変わるが、
それは些細な差でしかない。


勉強時間で差をつけようとしても
せいぜい2倍〜2.5倍が限界だから。


1日12時間勉強しても
5時間勉強している人に
2.4倍しか差をつけれない。


「2.4倍はでかい」
と思うかもしれない。


たしかに、2.4倍はでかいけど、
移動手段を変えればもっと差が開く。


大学受験での移動手段とは
勉強法のこと。


勉強法という移動手段を変えれば
スピードは何十倍も変わる。



ぼくの場合、

勉強法を知る前は
英単語帳を1ヶ月で1周するくらいだった。



けど、勉強法を身につけてからは
1日1周できるように。


およそ30倍も効率がアップした。



その結果、
鬼のようなスピードで成績を上げることに成功。



1ヶ月でセンター英語長文満点
1ヶ月でセンター政治経済9割


など短期間で成績を伸ばすことができた。



大学受験はゴブリンで移動している人が多い。




学校では勉強法について
何も教えてくれないから

みんな無意識のうちに
ゴブリンで移動してしまている。




けど、勉強法を知っている人は

ガロウ族みたいに
風のようなスピードで前に進んでいる。



E判定だろうが関係ない。


ぼくも勉強法を身につけたことで
E判定から第一志望に逆転合格できました。



受験生の多くは
勉強時間ばかり気にしているけど、


それよりも勉強法(移動手段)を変えれば
短期間で周りをスイスイ追い抜くことができる。



勉強法は勉強時間よりも重要です。



効率のいい勉強法で勉強すれば
あっという間に周りを追い抜けます。




ゴブリンのままではなく
ガロウ族に乗ってグングン前に進みましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です